なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

サークルお題

ニコッとタウン・自作小説倶楽部サークル・6月お題『雨』/「雨粒」2

      Ⅲ
 今日もじめじめとした雨が続いていた。
 朝なのになんだか空は暗いし、連なる傘もぶつかりあってうっとうしい。
 セットしたばかりの髪も、湿気でぐしゃぐしゃになっている気がする。嫌だな、もう。
 駅のロータリーを歩いていると、小さなしぶきをあげて、一台の軽自動車が止まった。女性向けに作られたシックでお洒落な車。CMで見ていいな、と思っていたのと同じだった。
 停車した車の扉が開く。
 助手席から傘もささずに飛び降りてきたのは、彼、だった。
 思わず足を止めてしまったのは、運転席の人影が見えたから。
 女性、だった。
 顔までは見えなかったけれど服の様子からして、若くて可愛い感じの女性。
(奥さん、よね・・・)
 結婚指輪をしていない男性は多い。彼が未婚だなんて、どうして勝手に決めつけていたんだろう。
 あっけなく終わってしまった恋。そのまま雨粒のように散っていった。
 彼は雨を避けるように、改札まで走り抜けていく。
 私はその場に立ち尽くしたまま、後姿をみつめていた。
 どん、と後ろから追い抜いていく人の傘が当たる。
 我に返って、自分も改札へと急いだ。
 今日は、いつもの車両よりもずっと後ろの位置に並んだ。
 彼の顔を見たくなかった。

    Ⅳ
 梅雨が明けて今朝も、うだるような暑さだ。
 駅の改札口を抜けていく人たちも、心なしか疲れているように見える。土曜日まで、まだ二日もある。
「おはようございます」
 背後から明るく声を掛けられ、驚いて振り返る。あの日以来、なるべく避けていたのにとうとう会ってしまった。
 彼の後ろを、あの女性が運転するお洒落な車が通り過ぎていく。
 どうしてこの人は、こんなにも気軽に挨拶してくるんだろう。奥さんがいるくせに。何度か見てしまったあの女性は、可愛らしい人だった。きっと彼には愛おしくてたまらないに違いない。
 暑いですねという彼の言葉に、曖昧な笑みを浮かべてホームへ向かう。
「今日は機嫌が悪くて大変でした」
 奥さんのことだろうか。彼は頭の後ろを掻きながら、参ったような表情をしている。
(それはご愁傷さま)
 朝から夫婦喧嘩ですか。そんなのろけ話なんて聞きたくない。
「駅まで送ってもらっている負い目があるんで、延々愚痴を聞かされました」
 それは仕方ないでしょう。どちらが悪いのか知らないけれど、何故それを私に聞かせるの。
「妹にも困ったものです」
 妹・・・?
 奥さん、じゃないの?
 待って、待って。たとえ妹だからといって、この人が既婚者じゃないってことにはならない。
「明日の夜、会えませんか?」
 唐突な誘い文句に、頭の中が混乱した。
 会う、というのはどういう意味だろう。デートのお誘い? それとも平気で不倫をする人なの? 
 そんな人じゃない、と、思う。多分。ただ、すぐには返事ができなかった。
 黙ったままの私が拒否したのだと受け取ったのか、都合が悪いのなら構いません、と言って彼は視線を外した。
 私は思わず、大きな声で答えていた。
「会えます」
 周りの人が驚いたように振り向く。
 注目を集めてしまって、顔から火が出そうになった。
 そんな私の手を取ると、彼は人の輪から抜け出すように駆け出した。大きな手に引かれながら、私は映画のワンシーンみたいだと可笑しくなった。
 彼も同じだったようで、ホームに着くと二人共肩で息をしながら、久しぶりにこんなに走った、と笑い合った。
「あなた、妹のこと誤解していたでしょう」
 言い出す機会も、誘うきっかけもなかなかなくて悩んでいたのだと言う。きっとそれは、私が会わないように電車の時間をずらしていたからだろう。
「僕は未婚です。あなたも、ですよね?」
 指輪のない私の左手の薬指を、彼はじっとみつめた。彼の視線が熱くて、体温が少し上がった気がする。
 私たちは携帯のアドレスを交換して、明日会うお店を決めることにした。
 彼は、承諾してくれて本当に嬉しいと言ってくれた。私も勘違いしていたことがわかってほっとした。でも、いつから彼が気付いていたのかと考えると、自分の言動を思い出して気恥ずかしかった。
「まずは友達から、って学生みたいですね」
 梅雨明けの青空のような、彼の笑顔がまぶしい。こんな風に思うなんて、本当に学生みたいだ。
 ホームに電車が滑り込む。巻き起こる風の中に、微かな彼のコロンの香りがした。見上げると、優しい瞳がみつめていた。
 ふいに私の手を、彼が引き寄せる。目の前には彼の胸がある。戸惑う私の背後で、電車の扉が音をたてて閉まった。
 満員電車が動き出す。
 彼と腕の中にいる私。
 二人だけの世界をはらんで。

      (了)



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。