なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

「月にひとつの物語」

「月にひとつの物語・文月」

  Side A
 遠距離恋愛は成就しない。
 周りの皆が、そう言う。私もそう思う。
 実際、そんな友人を何人も見てる。
 テレビ番組では、結婚年齢が遅くなっていると言うけれど、会社で転勤になってしまえば、遠距離恋愛になって、破局してしまう。
 男性の転勤に付き合うためには、女は仕事を辞めなければならない。やっと入った会社を辞めるなんて、そうそうできはしない。それは男性と一緒。
 ご多分に漏れず、私の彼も、入社して5年、地方へ転勤となってしまった。

 不安だった。
 転任地で、素敵な人に出会ったら?
 仕事で辛いとき、慰めてくれる人が近くにいたら?

 携帯もあるし、メールもすればいいし、飛行機に乗ってしまえば2時間で会える。
 でも、私だって、新人の面倒を見るよう任されてしまったから、毎日の仕事をこなすので精一杯。休日には、身体を休めたいし、もっともっと勉強もしなければならない。
 それなら一体、どうすればいいんだろう。

 私にできるのは、たった一つだけだった。
 次に会った時、こんな女だったっけと、がっかりさせないようにしようということ。
 今現在、近くにいる女性よりも、やっぱり私の方がいいと思ってもらえるようにしよう、とそう考えた。
 内面も外見も、自分磨きを怠らず、彼の気持ちを引き留めるために、こまめに連絡を取って、長めの連休があると自分から会いにいった。
 それなのに、どうして彼はこんなによそよそしくなってしまったんだろう。
 女の影は見あたらない、と、思う。
 多分。
 大学の頃の一人暮らしの部屋と同じ、だと思う。
 きっと。
 でも、会わない時間の長さの分だけ、2人の間に距離ができてしまったような、そんな気がする。

 やっぱり、遠距離恋愛は成就しないんだろうか。
 1年に一度しか会えなかった織姫は、ただただ牽牛を信じて待ち続けることができたんだろうか。
 2人が夫婦だったから、可能だったんだろうか。
 そして、牽牛はどうだったんだろう? 
 ただただ仕事をして、会えない織姫を想い続けることができたんだろうか。
 彼は赴任先で、一度も、他の女性にくらりときたことはなかったんだろうか。
 私たちは、この生活を続けていけるんだろうか…。


Side B
 遠距離恋愛は成就しない。
 巷ではそう言われている。
 でもそれは、相手を信じていないからじゃないんだろうか。
 互いを想う気持ちがあれば、少しくらい会えなくても、恋愛は成立する。
 と、俺はそう思っている。
 その点、俺の彼女は、自分だって大変だろうに、こまめに連絡をくれるし、会いにも来てくれる。
 俺は仕事が忙しくて、会いに行くことはできないけれど、メールの返事だってちゃんとしているし、電話だってたまにはする。

 そういう生活になって、1年が経った頃だろうか。
 俺は、ふと気付いた。
 空港のゲートを抜けてくる、彼女の輝くような笑顔。
 うぬぼれているようだけれど、最初のうちは、俺に会えた喜びの笑顔だと思っていた。そんな彼女が愛しいと、そう思っていた。
 でも、本当にそうなんだろうか。
 女は遠距離恋愛ができないという。
 遠くにいる恋人よりも、近くにいる男の友人に、ふらりときてしまうことがあるという。
 そういえば、彼女は俺と会わないうちに、随分と綺麗になった。

 何がおまえをそんなに綺麗にしたんだ。
 俺は側にいないのに。

 そう思い始めると、どんどん考えがエスカレートしていく。
 彼女の周りにいる男たちの顔が浮かんでは消えてゆく。
 誰かが言っていたっけ。
 女の嫉妬よりも、男の嫉妬の方が執念深い、と。
 俺もそうなんだろうか。
 彼女のことが信じられないわけではない。
 俺に会いにくるためにお洒落してきているのもわかっている。
 それでも不安だから、彼女に会うと、自宅に直行してそのまま抱いてしまう。
 彼女がまだ、俺のものだと確認するために。

 1年に一度しか会えなかった牽牛は、織姫を見て、いつも何を思っていたのだろう。
 会えなかった1年の間、牽牛は何を考えていたんだろう。

 やっぱり、遠距離恋愛は成就しないんだろうか。
 俺たちも、やっぱり駄目になってしまうんだろうか。
 そんなことはない。
 俺が揺らいでどうする。
 男の俺が…。
                           【完】


*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

NoTitle 

お互いが想い合ってても起こる気持ちのすれ違いを上手に表していると想いました。
これとは真逆ながら、私は今回の作品を読んだ時に有名なある物語がすぐに頭に浮かびました。それは、奥さんが綺麗な髪を売って夫の時計の鎖を買い、夫が時計を売って櫛を買ったあの物語です。
愛情があっても疑心が沸く遠距離恋愛の怖さ・・・離れ離れだと分からなくなる想いのズレに、切ない気持ちが沸々と沸いてきました。
やるせなさについて深く考えさせられました。

Re: NoTitle 

BENクーさん、コメントをありがとうございます。

> 奥さんが綺麗な髪を売って夫の時計の鎖を買い、夫が時計を売って櫛を買ったあの物語です。
私もその作品は知っています。
そんな素敵な作品を思い浮かべていただけて、恐縮です^^

遠距離恋愛をしている恋人同士の応援歌のつもりで書きました。
疑心暗鬼に負けずに、恋愛をして欲しいです。
今夜は七夕ですしね♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。