なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ショート・ショート

「ひとひらの花びら」その1(テーマ:三部作/1)

   駅から大学までは、桜並木が続いている。
 その桜は満開を過ぎて、早くも散り始めていた。
 掲示板の前に立つ女子学生の、肩先でくるんとはねた髪に花びらをみつけて、谷山圭太は、そっと手を伸ばした。
 掲示に見入っていた彼女が、その気配を感じ取って、訝しげに振り返る。
 まともに視線が合ってしまった圭太は慌てたが、相手からの責めるような言葉はなかった。
 戸惑う彼女をみつめて、圭太は弁解する。
「髪に、桜の花びらがついていたから…」
 彼女は自分の髪先を見遣り、花びらをみつけて、口元に笑みを浮かべた。
 そんな彼女の、うっすらと化粧をした笑顔に、圭太は見惚れた。
「ありがとう…」
 彼女はそう言うと、細い指で花びらをそっとつまんだ。手の平に乗せて花びらを眺め、ふうっと息をかける。
 ひらり、ひらりと落ちていく花びらを、2人は息を凝らしてみつめ続けた。
 ふわり、とアスファルトに着地する。それは、白い花びらが描く模様の一部となった。
 息をついた圭太が顔を上げる。
 彼女と目が合い、どちらからともなく、笑顔になった。
「俺、史学科1年の、谷山圭太」
 口をついて出た自己紹介に、心の中では呆気にとられながらも、圭太は平静を装った。
「…日本文学科1年の、新川真由です」
 ほのかに顔を赤らめて、彼女は答えた。
 返ってくる筈がないと思っていた言葉を聞いて、圭太は思いきって言ってみた。
「お昼まだだったら、学食へ行きませんか?」
 目を見張った真由は、圭太をみつめると、ゆっくりと頷いた。
 ぎこちなく、並んで歩き出した2人に、桜の花びらが舞い落ちる。はらり、はらり、と。

(つづく)


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。