なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ショート・ショート

「一人暮らし」(テーマ:旅立ち)

   目が覚めると、頭が重かった。
 あぁ、曇りなんだな。そう、俺は思った。
 今にも雨が降りそうなこんな朝は、頭も身体も重くて、起きるのが嫌になる。
 大学に入って3週間、目の回るような毎日だった。授業の仕方も時間の長さも、高校とは全然違うし、洗濯も掃除も自分でやらなくてはいけなくて。慣れない東京での一人暮らしで、疲れが出たのかもしれない。
 今日は休もうかな。
 そんな気持ちを見透かしたように、メールの着信音が鳴った。
 毎朝恒例の、メール音。母さんからだ。
 面倒くさいな。どうせ、同じ文面だろ。息子に、絵文字満載のメールなんか送ってくるなよな。父さんに送ってやれよ、その方が喜ぶのに。


 東京へ初めて来たのが、入試の時だった。
 1つ目の入試を終えて、俺はぐったりとしてホテルへ戻った。
 とりあえず寝ころびたかったのに、ベッドは2つとも、土産物と衣類で埋まっていた。
「母さん、これ片付けろよ」
「あぁ、ごめんごめん。誰に何を買ったか、書いておかないとわからなくなっちゃうんだよね」
 ヒトが試験やってる間、東京見物かよ、全く。
「はい」
 そう言って、目の前に出されたのは、浅草寺のお守りだった。
「何、これ」
「お守りだけど?」
 今更? そりゃあ、本命は明後日だけどさ。お守りなら、天満宮のを貰ってきてあるじゃないか。
「見物だけしてたわけじゃないわよ。ちゃんと下宿の下見にも行ってきたんだから。母さんは、こっちがいいと思うんだけど、どうする?」
 どっちだっていいよ。
 そう答えたら、母さんは、明日決めてくるからとだけ言って、片付けを始めた。
 俺はもう、とにかく眠りたくて、ベッドの上に大の字になる。
 服くらい着替えなさい、という母さんの言葉を聞いたのは、半分夢の中だった。


 1日ホテルに籠もって休んだからか、本命の試験はうまくいったと、自分でも思う。
 母さんが決めてきた下宿は、本命に近いところだった。夕食を出してくれるから安心だというのが、母さんの気に入ったところだ。合否発表前なのに、と父さんは呆れていたが、東京ではそれが普通らしい。
 自分のベッドにだけ、荷物を広げている母さんに、俺はなるべく優しい言い方をした。
「今日は、どこへ行ってきたの」
 母さんの返事は、いつもと同じ調子だった。
「あぁ、水天宮さんへね。千明の安産祈願に行って来た」
 来月だっけ、姉さんの出産予定日。
「はい。これ」
 そう言って手渡されたのは、水天宮のお守り。
「なんで、俺が水天宮なんだよ」
「試験が終わって、後は天に任せるだけでしょ。案ずるより産むが易しってね」
 なんだ、そりゃ。
 そう思ったけれど、俺は有り難く頂いておくことにした。
 東京へ来て4日間、ずっと俺が苛々して当たりちらしても、一度も怒らなかった。
 ごめん。
 それから、ありがとう。
 母さんの小さな背中をみつめながら、俺は心の中で呟いた。


 布団の中から手を伸ばす。
 メールを開くと、いつもと違って、色がない。絵文字がなくて、びっしりと文章が打ってあった。
『ご飯、食べた? さっきテレビで、東京はどんよりと曇ってますって言ってたよ。身体、大丈夫? こんな日はいつも調子悪いでしょう。でも、ちゃんとご飯食べて、大学行きなさいよ。昨日、千香ちゃんがね』
 終わってる…。
 母さん、メール途中だよ。千香がどうしたって?
 俺は、思わず笑った。
 千香は、里帰り中の姉さんの子で、毎日、家中が赤ん坊のことで大騒ぎだと、前に電話で言っていた。
 前半で、ちょっとうるっと来たんだけどな。そんな感傷めいた気持ちは、どこかへ飛んでいった。
 えい、と声を出して起きあがると、俺は服を着替えた。
 少し狭いけれど、静まりかえった部屋を見回す。
 1人、なんだよな。
 毎朝の母さんからのメールで、なんだかいつまでも家にいるような気がしてた。
 甘えてたかな、俺。
 ちゃんと1人でやっていかなくちゃな。
 まずは、朝ご飯を食べて、それから大学へ行こう。
 あ、やべ。一限の教授、最初からいないとうるさいんだった。急がなきゃ。
 俺は、パンをくわえながら、母さんへ久し振りにメールを返した。
『ちゃんと食ってるよ。これから、大学に行く。今朝のメール、途中で送信すんなよな。でも、サンキュ』
                               【完】(テーマ:旅立ち)



*Edit ▽TB[0]▽CO[4]   

~ Comment ~

 

せっかく、ダウンロードしていただいたにも関わらず、フリースペースのご案内に私のコメントが残っていたのに気がつかず申しわけございませんでした。修正いたしましたので、ご面倒とは存じますが、よろしければ、ダウンロードしなおしていただけたらと存じます。
まずはお詫びとご連絡まで
ノベルテンプレート管理人

Re: Re: タイトルなし 

> ノベルテンプレート管理人さん、ようこそ。
> お知らせありがとうございます。再ダウンロードしました。

 

...家族
……母と話ししたくなりました♪

なぜか心に残る…ショート・ショートだね!

Re: タイトルなし 

しずくさん、ようこそ。
ありがとうございます。
ぜひ、お母様に連絡してくださいませ。
きっと喜ばれると思います。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。