なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

「昔々のお話」

昔々のお話・6「時の流れ」その1

  (これは、飛鳥に統一国家ができる、ずっと以前のお話です。
  昔々のお話・1「名を教えて」
  昔々のお話・2「大勢の中の一人」
  昔々のお話・3「想い」
  昔々のお話・4「結界に守られた郷」
  昔々のお話・5「集落からのお知らせ」

 家を出ようとしたところで、カヤとぶつかりそうになった。
 ナウラは慌てて後ずさると、お帰り、と声を掛ける。
 いつもなら嬉しそうに、ただいまと答えるのに、今日のカヤは違った。
「おまえに、客だ」
 見た目は普通でも、機嫌が悪いのがわかる。
 第一、客とは誰だろう。郷(さと)の人を客とは言わないし、郷以外の人間がナウラに会いにくることなどあり得ない。
 ナウラは不思議そうに顔だけ出すと、カヤの向こうに立つ人の姿を見た。
 始めは誰だかわからなかった。
 相手は、自分の顔を見て、驚きの表情のまま固まっている。
 白髪交じりで、男ぶりはいい。優しい顔つきに似合わず、鍛えられた身体は、狩りに明け暮れていることを物語っている。
『狩り』。その言葉で、ナウラの頭に、ある人物の名が甦った。
「…シュ、ウ?」
 確かにシュウが年を取ったらこんな感じになるだろう。
 けれど、どうしてもその姿が現実のものには思えなかった。
「…本当に、シュウ?」
 互いの顔をみつめたまま、微動だにしない2人を見て、カヤがナウラの頭をぽんぽんと叩く。
「シュウだよ」
 そう言って、カヤは郷の中へと消えていった。
 シュウが、うめくような声を絞り出して言った。
「チィ、だよな…」
 目の前の光景がいまだ信じられないように、呆然としている。
「どうして、少しも変わらないんだ…」
 その言葉に、ようやくナウラは、おばばの言葉を思い出す。
『長命の者は、姿形が何十年も変わらない。そんな姿を、皆が受け入れられると思うか?』
 目の前にいるシュウの姿は、別れてから長い時が経っているのだと、そう言っている。
 けれど、ナウラには、どうしてもそれを信じることができなかった。
「…あれから、何年、経ってるの?」
 声が震えている。
 ナウラも信じ難い思いをしているのだと気付いたシュウの方が、立ち直りは早かった。
 そうか、と呟くと、ナウラに近付き、片時も忘れたことのない愛しい顔をみつめた。
「チィと別れてから、28年経つ」
「28、年…?」
 そんなにも時が経っているのだろうか。
 シュウの髪に白髪が交じり、筋肉がしっかりとついた堂々とした姿へと変化させる程、長い年月が。
 まるで、回りの時間だけが過ぎていって、自分はそこから置いてけぼりにされたような、そんな感じがナウラにはした。
 困ったような顔をして、シュウがナウラの頬に手を伸ばす。
「おばばが駄目だって言う筈だ」
 懐かしいシュウの手。少しごつごつとしてしまったけれど、優しく撫でてくれるそのぬくもりは変わらない。
 自分をみつめてくれる熱い瞳も、あの頃のまま。
 ようやくナウラは、目の前にいるのが本当にシュウなのだと、理解することができた。
 懐かしいその瞳をじっと見上げて、大きな手のひらに、自分の手を重ねる。その手を、シュウはそっと握りしめた。
「…おばばが、なんて言ったの?」
 愛おしそうに目を細めると、シュウは答えた。
「チィに、名問いの儀式をしたいって言ったら、おばばにそれだけは駄目だと言われたんだ。こういうことだったとはな…」
 あの時、シュウは、2人で集落を出ようと言ってくれた。
 けれど、チィはその言葉に頷くことはできなかった。力を持つ者は流れる時間が違うため、普通の人間とは一緒に暮らせないと、おばばから言われたからだ。
 その時の、傷付いたシュウの顔を、今も忘れてはいない。
 あの頃の不安な気持ちや、淋しく辛い思いが甦る。
 ナウラは、苦しげに眉をひそめた。
 そんなナウラの眉間に、シュウはそっと口づけた。
「気にするな。おまえのせいじゃない。俺なんかより、おまえの方がずっと辛かったんだな。悪かった」
 2人は、互いに手を伸ばして抱き合った。
「あのまま暮らしていたら、ずっとシュウと一緒にいた。シュウは、私にとって特別な男だから」
「あぁ。俺もだ」
 2人の顔が近付き、互いの唇が触れ合う。
 長い時を埋めるかのように。
 2人の間を分かつ、深い隔たりをもどかしく思いながら。
 互いの唇を求めて、口づけは深くなっていった。


(つづく)


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。