なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

「昔々のお話」

昔々のお話・4「結界に守られた郷」その1

  (これは、飛鳥に統一国家ができる、ずっと以前のお話です。
  昔々のお話・1「名を教えて」
  昔々のお話・2「大勢の中の一人」
  昔々のお話・3「想い」


 今日も、元気な彼女の声が郷(さと)に響く。
 ツユチカは、その声を微笑ましく聞いていた。
 この郷には、さまざまな理由で、生まれ育った集落を出なければならなかった者たちがやってくる。
 姿形が違うというだけで、忌み嫌われた者。
 不思議な力を持って生まれた者。
 育てられないからと捨てられた赤子。
 そのため、ここは他から守るように、結界が張られている。
 山へ入った人間が、迷い込まないように。
 恐怖を抱いて襲ってくる人間が、入って来られないように。
 その結界を守り続けているのが、ツユチカとカルラという一組の男女だった。
 地につかんばかりに長く、動くにつれて金の粉が舞うような黄金の髪を持つ、畏怖さえ覚える整った顔立ちのツユチカ。
 長さこそ背中に届くくらいだが、輝くような黄金の髪を持ち、美しくも愛らしい顔立ちをしたカルラ。
 神々しいまでの2人の姿だったが、一部の者以外には、ごく普通の人間として映っている。髪も茶色にしか見えない。
 カヤが新しく連れてきた娘は、その本来の姿が見えていた。ツユチカが彼女に興味を持ったのは、それだけが理由ではない。
 カヤは、彼女を自分の家に住まわせた。
 それは、たくさんの者たちをこの郷に連れてきたカヤが、初めてしたことだ。カヤに言い寄る女たちがずっと、望んできたことだった。
「大っ嫌いっ」
 今日も、彼女が叫んでいる。
 その様子をみつめながら、ツユチカは楽しげに微笑むのだった。

(つづく)


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。