なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

「昔々のお話」

昔々のお話・3「想い」

  (これは、飛鳥に統一国家ができる、ずっと以前のお話です。
  昔々のお話・1「名を教えて」
  昔々のお話・2「大勢の中の一人」

 チィが、出ていった。
 遠くの集落へ、嫁に行ってしまった。
『名問いの儀式をしてはならぬ』
 おばばの言う理由が、これなのか。
 あの時既に、こうなることが決まっていたというのか。
 何故、チィでなければならなかったんだ。
 こんなことなら、おばばの許しなど得ることなく、名を尋ねてしまえば良かった。
「2人で集落を出よう」
 そう言ったとき、チィは淋しげに首を横に振った。
 涙すら、見せてはくれなかった。
 チィにとって、俺はそんな存在だったのか。
 特別だと思っていたのは、俺の勘違いだったのか。


 チィがいなくなって、俺は何故だか女たちから誘われることが多くなった。
 まだそんな気分にはなれなくて、断り続けている。
「そんなに、チィがいいの?」
 俺だって、他の女の肌を知らないわけじゃない。
 最初に抱いたのはやけになってのことだが、兄たちが言うほど、別にいいものでもなかった。チィが嫉妬してくれるのではないかという、淡い期待はもろくも崩れた。
『シュウの子は、たくさんいた方がいいよ。狩りがうまい子が増えて、みんながいつもお腹いっぱいになれる』
 無邪気にそう言うチィが癪にさわって、時々は他の女を抱いた。
 それでも、俺はやっぱりチィの方が良かった。
 返事をしなかったから、誘いをかけてきた女は、呆れて行ってしまった。
 一部始終を眺めていた女が、忘れるしかないよ、と腕の中の赤子を揺らしながら言う。
 それができるなら、こんなに悩まない。
 ふてくされた俺に、女は苦笑した。
 チィにとって、俺が全てではないことはわかっていた。
 最近、チィがカヤのことばかり気にしていたことにも気付いていた。このままだと、チィの気持ちはカヤにいってしまうかもしれないと怖れてもいた。
 これでもう、2人が一緒にいるところを見なくて済む。
 それくらいしか、自分の気持ちを慰めることはできなかった。
「あの子、待ってたんだよ。あんたに名を尋ねられるのを」
 踵を返しかけていた俺は、思わず女を見た。
「女にとっては、憧れだからね。まぁ、あの子はあんただけでいいとは思ってなかったけど」
 不覚にも涙が浮かんだ。
 俺はその場から走り去った。


 チィ。
 今、どうしてる?
 新しい集落にはもう、馴染んだか?
 皆は、優しくしてくれるか?
 会いたいよ、おまえに。


 俺は、チィがどこの集落へ行ったのかを、知らない。
 おばばは最後まで、俺に何も教えてはくれなかったのだ。


                 【次のお話をお楽しみに】




*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。