なつこのはこ(創作のはこ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ショート・ショート

「傘」(テーマ:雨)

  雨が降ると、思い出す喫茶店がある。
小洒落た雰囲気だけれど、オーナーの人柄があったかくて、お気に入り。
歩道側が全面ガラス張りになっていて、いつもその窓側が指定席。
高校生の頃、よく通ってた。
デートの時にね…。


たくさんの傘の中から、先輩の傘をみつけるのが上手なの、私。
背が高いから?
違うってば。
重なり合う傘から、1つだけぴょこんと出ているからでしょうって、そういう理由じゃないからね。
黒や紺、男の人の傘ってみな、同じようなものばかりだけれど、先輩の傘はちゃんとわかるの。
愛の力よ、ア・イ・ノ・チ・カ・ラ。
そこ。笑わないでくれる?
本当なんだから。
とにかく、雨の日は、絶対に窓際の席。
いつも早めに来て、こうして待ってるの。
ほら、あれ。
絶対そう。
あの傘、先輩の。
ね。
入ってきた先輩、少し照れた顔して笑ってる-。



今日も雨。
だから、窓際の席から歩道をぼうっと眺めてる。
たくさんの傘が通り過ぎる。
黒や紺。赤に水色にピンク色。
「アイスコーヒーと、ミルクティーです」
私はオーナーを見上げた。ミルクティーなんて、頼んでない。
いつも先輩が飲んでたミルクティー。
他のお店だと、私の前に出されちゃうけれど、ここはちゃんと先輩の方に出してくれたっけ。
でも。
「1年、ですね」
慰めるようなオーナーの目。
ミルクティの置かれた、前の席は、空っぽ。
そう。
もう、待っていても、先輩はやって来ない。
あの傘も、もうみつけることはできない。
「今日は、裕貴くんの一周忌。…美久ちゃん、彼はもう、来ないんですよ」
「わかってます…」
この1年、雨が降るとここに来て、窓際の席から、歩道の傘の群れをぼうっと何時間も眺めていた。
そんな私を、ずっとオーナーは見守ってくれていた。
「こんなじゃ、裕貴も心配しますよね。わかってはいるんです。でも…」
今日が最後。
今日で最後にするから。
窓に映る喪服姿の自分。
その向こうに、行き交うたくさんの傘。
その中に、裕貴の傘はもうないんだと、思い知る。
オーナーが出してくれたミルクティーは、飲んでくれる人もなく、ゆっくりと冷めていった。


その後、私も人並みに結婚をして子どもを生んだ。
でも、雨が降ると、あの喫茶店のことを思い出す。
今も昔のまま残っているという、あのガラス張りの窓際の席のことを。

                                          【完】 テーマ:雨


*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

完成形ですね~ 

 いいです、これ!
 この長さ、本当に自分のモノにしたみたいですね~

(*^_^*) 

ありがとう♪
前半部分を苦労したので、そう言ってもらえると、嬉しい~。
この長さ、あっという間に書けるし、楽しいし、ちょっとやみつきになりそうです。
あ、でも、中編の方もそろそろ本腰いれなくちゃ。
頑張ります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。