更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます
    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2013 051234567891011121314151617181920212223242526272829302013 07

【  2013年06月  】 

◆前月     ◆2013年06月       ◆翌月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~

2013.06.14【 「えにし~縁~」

  思いもしなかった。 この頃テレビや雑誌では、年下の男性との恋愛や結婚が当たり前になりつつある。 だからといって、自分がその当事者になるとは思わなかった。 それも、住む世界の違う人が相手だなんて。 学生時代からの友人と、いつものおしゃべり。私は、最近好きになった若い俳優の話をしていた。「今更なんだけど、細谷琳っていう人、いるじゃない。はまっちゃって。ちょい役でしか出ていない昔のドラマをレンタルして...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その2

2013.06.15【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1(つづき) あれだけ細谷琳の話をしておきながら、言えなかったことが一つだけある。 自室に飾ってある大きなポスターのことだ。紳士服の広告で、それを貰いたいがために主人の服を買った。さすがに恥ずかしくて、そのことだけは彼女に言えなかった。 何故だろう。お互い、応援している歌手のポスターを自室に貼っている。彼女はそんなことでからかったりしない。 なんだか自分の気持ちがわからない。 部...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その3

2013.06.16【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1えにし~縁~ その2(つづき) 我に返ったのは、日が沈んだ後。 肌寒さを覚えて、辺りが暗いことに気が付いた。洗濯物を乾かしていた除湿器はいつの間にか止まっていた。 慌ててお米をといで、炊飯器にセットする。急がないと、主人が帰ってきてしまう。 晩ご飯のおかずを考えている私の頭は、自然と日常に切り替わっていた。 それからは忙しく家事をこなし、一息ついたのは、全てを終えて自室に戻った...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その4

2013.06.17【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1えにし~縁~ その2えにし~縁~ その3(つづき) 運命の日が訪れる。 友人の後ろに隠れるようにして、芸能事務所へと入る。彼女は堂々としているけれど、私はただの一般人だ。受付でも、何か言われるのではと一人冷や汗をかいていた。 マネージャーの一人だという人に事前に注意を受けたのは、はしゃぎ過ぎないことだった。どうやら、一部の熱狂的なファンのせいで懲りているらしい。それなら私も会っ...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その5

2013.06.18【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1えにし~縁~ その2えにし~縁~ その3えにし~縁~ その4(つづき) その後、強制的に、事務所を追い出された。 冷静になったとはいえ、まだ私はふらふらしていた。心配してくれた友人が、近くの喫茶店へと連れて行ってくれる。「ごめん。あんな人だとわかっていたら、会わせなかったんだけど」 彼女は申し訳なさそうに言った。 それはそうだろう。誰も彼の言葉なんて信じるわけがない。 でも、私...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その6

2013.06.19【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1えにし~縁~ その2えにし~縁~ その3えにし~縁~ その4えにし~縁~ その5(つづき) しばらく忙しかった彼女から、急に連絡があった。「仕事、ひと段落ついたの?」 忙しいと、半月くらい連絡がないこともよくあるから、私からはなかなか連絡することができない。ずっと気にはなっていたけれど、あの後のことも話す機会がなかった。「それは、まだ」「相変わらず大変ね。ところで細谷くん、大丈...全文を読む

▲PageTop

えにし~縁~ その7

2013.06.19【 「えにし~縁~」

 えにし~縁~ その1えにし~縁~ その2えにし~縁~ その3えにし~縁~ その4えにし~縁~ その5えにし~縁~ その6(つづき) 彼に連れられて行ったのは、近くの駐車場だった。 止めてあった車の後部座席に私を座らせる。その窓はスモークがかかっているから、外から見られる心配はない。「後ろのドア、チャイルドロックがかかってるから、開かないよ」 チャイルドロック?「休みの日に、甥っこを乗せるからね。ト...全文を読む

▲PageTop

久しぶりで、滝汗

2013.06.24【 お知らせ&創作その他

 ようやく、小説を書こうという気持ちになれました。実に3年振り。その間、レベルが落ちているのは当然なのですが、地べたに落ちている程酷かったのには、自分でも情けなかった・・・。結局友人に頼って、どうにか日本語に直しました(多分)。自分にいろいろ課題を課して、精進しなければと痛感しました。どうしても書かなければならない小説が待っています。それを書くためにも、まずは、新しい階段を再び上がっていかなければ。...全文を読む

▲PageTop

◆前月     ◆2013年06月       ◆翌月

Menu

プロフィール

natu

Author:natu
PN:李緒
雅号:珠瞳

当サイトの小説等作品の著作権は、管理人であるnatu、李緒、珠瞳に属します。
無断引用、無断転載は著作権侵害に当たりますので、ご了承下さい。

日常ブログ「なつこのはこ」
HP「なつこのはこ」

最近の記事

バナー

管理人日常ブログへ

管理人HPへ banner

このブログのバナー

ニコッとタウン

ブログ内検索

natuの本棚

使用ブラウザ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。