更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます
    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2009 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 11

【  2009年10月  】 

◆前月     ◆2009年10月       ◆翌月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む

▲PageTop

ショートショート「記憶~深い底の底から」

2009.10.07【 ショート・ショート

  何故、逢ってはいけない。 何故、この腕に抱きしめてはいけない。 こんなにも愛おしく想っているのに…。 夜毎見る、不思議な夢。 武士の格好をして、刀を差している俺。 奈良へ遠足で行った時に見たような気がする、ちょっと着物とは違う衣装を着た俺。 青天を剃って、着流しを着ている俺。 中華風の衣装を着ている俺。 最初は、なんのコスプレだよ、と思った。 でも、どんな格好をしていても、変わらないことが一つだ...全文を読む

▲PageTop

ショートショート「記憶~束の間の」

2009.10.08【 ショート・ショート

  それは、奇跡と言ってもいいような、ほんの偶然の出来事だった。 たまたま開いてしまった個室のドア。そこへ迷い込んだ幼子を追ってきた母親。 マネージャーは仕方なく、彼女の背で、ドアを閉めた。 コンサートを終えて、東京へ帰る新幹線の中。グリーン車の個室で、俺は彼女と初めて会った。 彼女は幼子を抱きかかえると、恐縮してすぐにも出ていこうとした。 それを止めたのは、俺だ。 ドアを閉めたのは、ファンに気付か...全文を読む

▲PageTop

「月にひとつの物語・神無月」

2009.10.30【 「月にひとつの物語」

  頃は平安、ひとりの少女がおりました――。 賑やかな声が、長い廊下の向こうから響いてきます。 待ちきれなくなった私は、侍女の言葉が終わる前に、部屋を飛び出しました。 色とりどりな十二単の侍女たちに囲まれて、一層華やかな叔母は、私の姿をみつけると優しく微笑んでくれました。母の年離れた妹である叔母は、祖父ご自慢の美しさで、今は左大臣の北のお方に仕えているのです。 切袴の裾をひるがえして、私は叔母の腕の中...全文を読む

▲PageTop

◆前月     ◆2009年10月       ◆翌月

Menu

プロフィール

natu

Author:natu
PN:李緒
雅号:珠瞳

当サイトの小説等作品の著作権は、管理人であるnatu、李緒、珠瞳に属します。
無断引用、無断転載は著作権侵害に当たりますので、ご了承下さい。

日常ブログ「なつこのはこ」
HP「なつこのはこ」

最近の記事

バナー

管理人日常ブログへ

管理人HPへ banner

このブログのバナー

ニコッとタウン

ブログ内検索

natuの本棚

使用ブラウザ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。