更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます
    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2009 01123456789101112131415161718192021222324252627282009 03

【  2009年02月  】 

◆前月     ◆2009年02月       ◆翌月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む

▲PageTop

「2人の間に雪は降り積む」その1(テーマ:雪)

2009.02.07【 ショート・ショート

  どうりで冷えると思ったら、雪か…。 残業を切り上げて、早めに帰った方が良さそうだな。 窓から見える景色が、少しずつ白くなってゆく。 寒いのが嫌いだった彼女。 あの日も、こんな雪が降っていた。 不動産屋へ鍵を返して、無事に引き渡しは終わった。 本格的に雪が降り出す前に終わって、良かった。 そう思いながら、アパートの階段を下りる。 その先に、彼女の姿があった。 どういうことなんだ。何故、彼女は驚いて...全文を読む

▲PageTop

「2人の間に雪は降り積む」その2

2009.02.08【 ショート・ショート

  引っ越しの日時は自分が伝える、そう言った高木。 もう、おまえは会うな、そうとも言った。 俺は、その言葉に従った。 携帯が鳴っても出なかった。 会いに来ても、居留守を使った。 留守電の涙声に、何度連絡してしまおうと思ったことか。 次第に、彼女からの電話は少なくなり、引っ越しの3日前には、その着信音は途絶えた。 一目惚れした彼女が、高木の長年の想い人だと知って、俺は悩んだ。 聞かされたのは、初デート...全文を読む

▲PageTop

「2人の間に雪は降り積む」その3

2009.02.09【 ショート・ショート

 「2人の間に雪は降り積む」その1 久し振りの高木からの電話は、声が震えていた。「麻衣ちゃんが、結婚する…」 俺がいなくなって、半年も経たないうちに、彼女は知らない男と付き合い始めた。 なんだ。 俺への気持ちもそんなものか、そう思った。 広げた書類のどこかで、携帯が鳴った。 1年ぶりに聞く、着信音。消去するのを忘れてたんだな、俺。「結婚するんだって? おめでとう」 そんな言葉が聞きたかったんじゃない...全文を読む

▲PageTop

『想い』

2009.02.23【

 週末は寒かったけれど、今年は随分と暖かい日が続きますね。まだ2月は5日も残っているのに、近所の梅は満開です。*髪にふと 手の置かれたる 心地して                 振り返りても 姿なき人**暖かき 腕が恋しき 冬の夜                思い出しては ひとり涙す*  珠瞳...全文を読む

▲PageTop

◆前月     ◆2009年02月       ◆翌月

Menu

プロフィール

natu

Author:natu
PN:李緒
雅号:珠瞳

当サイトの小説等作品の著作権は、管理人であるnatu、李緒、珠瞳に属します。
無断引用、無断転載は著作権侵害に当たりますので、ご了承下さい。

日常ブログ「なつこのはこ」
HP「なつこのはこ」

最近の記事

バナー

管理人日常ブログへ

管理人HPへ banner

このブログのバナー

ニコッとタウン

ブログ内検索

natuの本棚

使用ブラウザ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。